会社設立のメソッド

会社設立時の定款を電子定款にするメリット

昔に比べれば会社の設立へのハードルはずいぶん低いものとなってきています。

例えば資本金についても今では1円であっても会社は設立できるので、ベンチャー企業なども立ち上げやすくなってきているのです。

しかしそれでも会社設立には様々な手続きが必要となります。その一つが定款の作成となります。定款は会社の出自や業務内容・目的などを書き記したもので、様々な項目がありますが法律で会社設立時に盛り込まなければいけない内容もあるのです。この定款は公証人を通じて認証を受けて初めて有効となるのですが、最近ではこれを紙文書ではなく電子定款として電子媒体に記録することも増えてきています。

では、電子諦観にするメリットというものはどんなものになるのでしょうか。
まず電子定款にする最大のメリットは、印紙税が掛からないということが挙げられます。通常、紙による定款では4万円もの印紙税が掛かるのですが、電子定款にすることでこの費用分を削減できます。会社設立時には色々と費用がかさむので、これは大きなメリットだと言えるでしょう。

しかし電子定款を作成する際にはきちんと電子署名を挿入したPDFを作成する必要があります。この機能を持ったソフトは有料なので、所有していない場合は印紙税で掛かるよりもコストがかさむ場合もあるのです。

そこでおすすめなのがこういった設備を既に所有している司法書士等に電子定款の作成を依頼することとなります。司法書士に会社設立の手続きをまとめて依頼することもできるのでメリットはかなり大きいものとなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *