Archive for 5月, 2015

フィナステリドを割って服用はNG?

フィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬または男性型脱毛症(AGA)の治療薬の成分となっている化学物質であり、医師の処方があれば錠剤として手軽に飲めるタイプの製剤が流通しています。
前立腺肥大症、男性型脱毛症のどちらの場合であっても、男性ホルモンのテストステロンが変換されてできるDHTと呼ばれる物質が、特定の場所にある受容体と結びつくのが原因とされていますが、このフィナステリドには、DHTへの変換の際にはたらく酵素を妨害する作用があるため、結果的に前立腺肥大症や男性型脱毛症の治療にも効果を発揮することになります。
フィナステリドは、このように男性ホルモンに関連した化学物質ですので、米国食品医薬品庁(FDA)では特に女性が服用しないようにとの注意喚起を行っており、わが国の厚生労働省でも、この米国食品医薬品庁の公表結果を引用して同様の注意喚起を行っています。
そのなかでも一見すると奇妙な注意事項として、フィナステリドを割って服用しないようにというものがあります。もしフィナステリドの効き目が強力すぎるというのであれば、割って服用することによって、錠剤中の有効成分の量も減るため、かえってリスクが軽減されるように思えますが、米国食品医薬品庁の懸念は実はそうしたことではありません。
錠剤を割ることによって、有効成分であるフィナステリドが破片や粉末として外に飛び散るおそれがあるため、そうした破片や粉末を女性、特に妊婦が吸い込んだり、または皮膚から知らぬ間に吸収してしまうことにリスクがあると主張しているのです。これは、妊婦がフィナステリドを取り込んだ場合、胎児が男の子であれば、その生殖器に異常が生じてしまうおそれが捨てきれないためです。