Archive for 4月, 2015

フィナステリドは女性は触れることさえ許されない

皆さんは男性型脱毛症(AGA)の治療に使われるフィナステリド(プロペシア)をご存知でしょうか。

男性型脱毛症(AGA)とは一般的に「薄毛」と言われる症状で毛髪本来のサイクルより早く脱毛することを指します。
その治療薬であるフィナステリドはアメリカの会社が開発した抗アストロゲン薬の1つです。
薬としての効果は、男性ホルモンが脱毛を促すホルモンに変化するのを抑制し、脱毛を軽減します。

女性とはあまり縁がないこの成分ですが、このフィナステリドという成分は、女性が絶対触れてはならない成分です。

特に妊娠中の女性、妊活や今から子供がほしい方は避けるように促され、胎内にいる赤ちゃんが男の子である場合、その生殖器に異常が出る恐れがあるのです。
そして特に妊娠などの予定がない方は、婦人科系の病気を発症する要因になります。

フィナステリドが触れることが許されないと強く言われているのは、その錠剤にさえ触れることが危険であるからです。
皮膚からその成分を吸収しまい、血中に流れることで影響が出るという怖い成分であります。

パートナーの男性がもし男性型脱毛症(薄毛)で悩まれている方がいらっしゃったら、一度確認してみましょう。
薄毛の効果的な治療薬というのは最近になって出回り始めたもので、異性に対する危険性も知らず、服用している方もいるでしょう。

しかし例えパートナーがこのフィナステリド(プロペシア)を服用していると知っても、服用をやめてほしいと、訴えなくて大丈夫です。
直接男性の肌に触れたり性行為に及ぶこと自体に、その危険性はないのです。
あくまで女性が服用することに対し、絶対危険としていますので、錠剤自体に触れなければ問題はありません。

服用し続けるとフィナステリドの耐性ができるのか?

プロペシアなどのフィナステリド含有薬は、何年も飲み続けるのが基本です。すると心配になってくるのは耐性、つまり長期間の服用が原因で薬が効かなくなってくる現象です。実際睡眠薬などを長期間飲んでいると、耐性がつくことが指摘されています。フィナステリドはどうなのでしょうか?
 結論を言うと安心していいようです。フィナステリドに耐性がつくという信頼できる報告はありません。これはフィナステリドと睡眠薬の作用メカニズムの違いに関係しています。睡眠薬は簡単に言うと、脳内の神経に作用して神経伝達物質の量を少なくすることで、精神活動を沈静化する薬です。そして睡眠薬を飲み続けていると、神経伝達物質の分泌量が薬の効果に対抗して増えていくので、以前より大量に服用しないと効かなくなってきます。これがいわゆる耐性です。対してフィナステリドは神経ではなく体内の酵素に対して働く薬です。そのため睡眠薬のような耐性ができることはないのです。また抗生物質にも耐性はできますが、これは病原菌が薬に対抗して進化するためです。薄毛は細菌性疾患ではないので、このタイプの耐性ができる心配もありません。
 ただネット上などでは、プロペシアを長く飲んでいたら耐性ができたという声が散見されます。これは本当に耐性ができたのではなく、加齢によって薄毛が進行したのを誤解したものと思われます。フィナステリドも万能ではなく、加齢に伴う抜け毛の進行を完全に抑えることはできません。そして多くの人は症状が進行したのは、何年も同じ薬を飲んでいるせいで耐性ができたからだと判断してしまいがちなのです。ちなみに耐性ができたと誤解して服用をやめてしまうと、薄毛はさらに進行する可能性があります。素人判断は慎みましょう。

フィナステリドの経皮吸収とは?

フィナステリドは、前立腺肥大症や男性型脱毛症(AGA)を治療するための医薬品に含まれている成分で、テストステロンという男性ホルモンが、体内での代謝によってDHTと呼ばれる物質へと変換される過程ではたらく還元酵素を阻害することによって、すぐれた治療効果を発揮するものです。
この還元酵素は、前立腺をはじめとした男性特有の組織でのみ合成されているものであるため、例えばフィナステリドを女性の脱毛症を治療するために用いても効果はなく、かえって副作用のリスクのほうが高いものとされています。
アメリカでフィナステリドの医薬品としての承認を行っている米国食品医薬品庁(FDA)では、フィナステリドを含有する製剤が女性に触れることがないようにという注意喚起をしており、これは妊娠中の女性が摂取すると、男の赤ちゃんの生殖器に異常を起こすおそれがあるという理由によるものです。
現在流通しているフィナステリドの製剤は、そのままの状態であれば表面がコーティングされており、なかに含まれているフィナステリドが直接露出するようなおそれはありませんが、アメリカで特に問題となっているのは、意図的に錠剤を砕いて飲みやすくしてから飲むといった、通常でない服用方法が割とポピュラーに行われており、その際に砕け散った粉末に含まれていた有効成分が、妊婦の皮膚を通じて体内に取り込まれてしまうことがあるということです。
このように、皮膚から有効成分が体内に摂取されることを「経皮吸収」と呼んでいますが、普通に錠剤を口から摂取した場合と何らかわりがなく、フィナステリドは体内で効果を発揮してしまうことになりますので、誤った飲み方はしないよう注意が必要となります。