フィナステリドは女性は触れることさえ許されない

皆さんは男性型脱毛症(AGA)の治療に使われるフィナステリド(プロペシア)をご存知でしょうか。

男性型脱毛症(AGA)とは一般的に「薄毛」と言われる症状で毛髪本来のサイクルより早く脱毛することを指します。
その治療薬であるフィナステリドはアメリカの会社が開発した抗アストロゲン薬の1つです。
薬としての効果は、男性ホルモンが脱毛を促すホルモンに変化するのを抑制し、脱毛を軽減します。

女性とはあまり縁がないこの成分ですが、このフィナステリドという成分は、女性が絶対触れてはならない成分です。

特に妊娠中の女性、妊活や今から子供がほしい方は避けるように促され、胎内にいる赤ちゃんが男の子である場合、その生殖器に異常が出る恐れがあるのです。
そして特に妊娠などの予定がない方は、婦人科系の病気を発症する要因になります。

フィナステリドが触れることが許されないと強く言われているのは、その錠剤にさえ触れることが危険であるからです。
皮膚からその成分を吸収しまい、血中に流れることで影響が出るという怖い成分であります。

パートナーの男性がもし男性型脱毛症(薄毛)で悩まれている方がいらっしゃったら、一度確認してみましょう。
薄毛の効果的な治療薬というのは最近になって出回り始めたもので、異性に対する危険性も知らず、服用している方もいるでしょう。

しかし例えパートナーがこのフィナステリド(プロペシア)を服用していると知っても、服用をやめてほしいと、訴えなくて大丈夫です。
直接男性の肌に触れたり性行為に及ぶこと自体に、その危険性はないのです。
あくまで女性が服用することに対し、絶対危険としていますので、錠剤自体に触れなければ問題はありません。