フィナステリドの効果と安全性

フィナステリドは、現在では男性型脱毛症(AGA)治療のための医薬品の有効成分としてさかんに使用されているものであり、もともとは前立腺肥大症や前立腺がんなどの治療を目的として海外で開発が進められていた物質です。
ヒトの体内にはテストステロンという男性ホルモンが存在していますが、ある種の酵素のはたらきによって、このテストステロンはDHTという物質に変化します。前立腺肥大症や前立腺がんについては、このDHTが前立腺にある受容体と結びつき、組織の異常な成長を促して疾患を招いていることが知られています。フィナステリドには、ちょうどテストステロンがDHTに変換されるときにはたらく酵素を阻害するという作用があるため、前立腺の正常な発育を助け、前立腺肥大症や前立腺がんに効果があるとされています。
いっぽう、男性型脱毛症についても同様に、DHTが頭皮の皮脂腺にある受容体と結びつき、過剰な皮脂を分泌させて毛穴をふさいでしまうため、毛髪が発育できなくなるのが原因とされています。そこで、フィナステリドを投与すると、このDHTの生成が阻害されるため、髪の毛が薄くなる進行度合いを遅らせたり、新しい毛髪を太くて長いものに発育させるという効果が期待されることになります。
このフィナステリドの安全性に関しては、医薬品として厚生労働省から承認されている以上、正しい使い方をすればあまり心配する必要はないといえますが、一部に男性機能が低下したなどの副作用が報告されています。
また、一般的な薄毛の症状については、男性型脱毛症の場合に対してのみ効果が確認されているため、いくら薄毛であっても女性に投与することは望ましくなく、特に妊娠している女性については胎児への影響が懸念されるため接触は控えるように注意喚起されています。

↓一番有名なAGA治療薬といえばコレ!
プロペシアを使って脱ハゲしよう!